6/14/2018

size12g 2004年製

 独立してまだ間もない頃のギターですが、この度修理で戻ってきました。
シリアルナンバーもなく、ブリッジやヘッドのデザインが現在のものとは違います。内部塗装もしていない、極々初期のもので、当時のことが思い出されます。(2003年に独立なのですが、材料を買う資金を稼ぐ為に一年間は週6日アルバイトをして、日曜日だけギターを作っていました。)


 ネック裏の塗装が剝げているように、かなり弾き込まれ、しかしその他には大きな傷はないので、大事に扱って頂いているのがよく分かります。

自分の作ったギターで、充分に時間の経ち、かつ弾き込まれた個体を触る機会はほとんどないため、 非常に参考になります。

ここ最近はウクレレ製作に追われ、ギターは余り作っていませんが、このような、ローズ/スプルースで艶消し極薄塗装のsize12という、独立当初よく作っていた仕様でまた作りたくなりました。

5/26/2018

ヤモリ

 家の居間で見つけました。
この家には長く住んでいますが、ヤモリを見たのは初めてのような気がします。wikiによればこれで成体のようですが、なかなか可愛いです。

5/22/2018

東京ハンドクラフトギターフェス2018

ご来場ありがとうございました。

追記、手前のウクレレconcert407k、tenor433kは、ポエポエさんにあります。

よろしくお願いします。 (5/25)

5/16/2018

お知らせ

 今週末からの東京ハンドクラフトギターフェスに出展予定のウクレレです。珍しい赤いセドロが出て来ましたので、使ってみました。やはりネックに軽い材を使いますと鳴りが一味違います。オールコアのconcert407kです。

他には、工房HPに上げてありますが、tenor433k
と、オールオヴァンコールで仕上げた、concert407ovangkol(売約済み)の計3本を出展する予定です。

オヴァンコールは今回初めて使いましたが、鳴りもいいので、オプションに加えました。

ギターは去年と同じsize12のカマティーロボディのものを出展します。

ご来場お待ちしています。

4/28/2018

お知らせ

クワイエットヴィレッジさんにウクレレを1本出しました。こちら。

よろしくお願いします。